歯並びはフェイスラインに影響を及ぼす

歯列矯正をすることは歯の見た目を改善してくれるだけでなく、健康面やアンチエイジングなどの面でも様々な効果があります。
なかでもフェイスラインをすっきりさせて小顔にしてくれる、ということを聞いたことがある女性もいるのではないでしょうか。
しかし、歯列矯正をするとどうして小顔になれるのか、その理由はご存じない方も多いかもしれません。

歯並びを整えると小顔になるのには、きちんとした理由があります。
それには顎の筋肉や骨格などが関係しています。
人が生きていくためには毎日食事をすることが欠かせませんが、歯並びが良くない人の場合、噛み合わせがしっかりとしていないために、必要以上に力を入れて物を噛まなくてはいけません。

そうすることで、顎の筋肉により多くの負担をかけてしまっているのです。
顎の筋肉が発達しすぎてしまうと、その影響で頬の肉が外側に大きく張り出したような感じになります。
これはレントゲン撮影をするとよく分かり、歯並びの良くない人では顎周りの筋肉が不自然に肥大化しているのを確認することが出来ます。

また、顎の筋肉が大きくなりすぎると、顔の歪みやたるみなどを生じてしまうことがあり、自然なフェイスラインを崩してしまいます。
そうなるとどうしても老け顔に見えやすく、綺麗な輪郭を維持することが難しくなってきます。
歯列矯正をすることは、女性の若々しい顔立ちを保つためにも大切なことになります。

また、歯並びが良くない人は、食事からの栄養の摂取にも悪影響を及ぼすことがあります。
歯並びが悪いと食事のときに物を噛む回数が減ってしまうため、食べ物は未消化のままで体内に取り込まれてしまいます。

しかし、歯列矯正をして歯並びを整えると、物を自然に噛むことが出来るようになるため、食べ物をしっかりと消化吸収することが出来るようになります。
このことは食事をした時の満腹感を高め、結果的に食事の量を減らすことにもつながってきます。
歯並びを整えることで、ダイエット効果やむくみを防止する効果も期待出来ます。

また、歯列矯正をする際には、奥歯を抜く治療をすることもあります。
これもフェイスラインに関係してきます。
奥歯を抜いた場合、その周りにある骨は時間が経つにしたがってだんだんに狭まってきます。
顎骨が抜歯によって小さくなるため、このことも小顔化に影響してくるのです。

このように、歯列矯正は歯そのものだけでなく、顔全体の印象や体の健康にとっても良い効果をもたらしてくれます。
噛み合わせが悪くて悩んでいるという人は、早めに歯医者さんで矯正治療を受けることをおすすめします。